番外編:さくらインターネットサーバーの無料SSL化

こんにちは。

今回は、風呂釜洗浄の話題ではなくHPの常時SSL化について書いていきます。

というのも、普段利用しているレンタルサーバーのさくらインターネットサーバーで10月17日より無料SSLサーバー証明書のLet’s Encryptが利用できるようになったのです。

弊社のサイトはネットショップではないので厳密にいうと必要か怪しいのですが、ご覧になる方の不安が減ればと思い、本日常時SSL化しました。

その対応の中、タイムリーすぎて設定が???な状況でも参考にできるサイトが少なかったので備忘録もかねての投稿なんです。

この内容に興味がなければ、本日のブログを飛ばしてご覧いただけますと幸いです。


さくらの広報は下にリンクを張っておきます。

https://www.sakura.ne.jp/function/freessl.html?=mail_20171017

 

まずどういう対応が必要かというと、

①コントロールパネルにアクセスする
②ドメイン設定をクリックして、SSL欄の登録をクリック
③そうすると本日から『無料SSL設定に進む』というボタンがあるのでそちらをクリック
④規約を確認して『無料SSLを設定する』ボタンをクリックすると数分から数時間でメールが届きます

といった感じですが、これらについてはさくらサーバーの方で画像付きで説明されているのでご覧ください。
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000136822?_ga=2.207841426.1285921944.1508299621-830001200.1465912186&_bdld=1n4ZUQ.lsrzLbM

ところが私の悩みポイント①、メールが来ない。。。

メールの設定で受信拒否にしてたのかもしれないけどどうしよう。。といったところが悩みポイントでした。

同じ状況の方、心配しないで大丈夫です。
ある程度時間をおいてコントロールパネルのドメイン一覧を更新してみてください。
無事設定ができているとSSL欄の利用中のところに『表示』と記載されます。
こうなっていればOKです!
それをクリックすれば、httpsのアドレスのサイトが表示されます。

しかし私の悩みポイント②ですが、これって変わっているのはトップページだけなんですよね。
ひとつ上のリンクページの最下部にこう記載されてました。

『無料SSLを設定しただけでは、「https」で繋がるだけになっています。 』
『常時SSL化のためにはhttp→httpsのリダイレクト設定やサイトコンテンツのURL変更などが必要です。』

そこちょっと教えてよ!って思いましたがそんな説明で皆さんはできちゃうのでしょうか。。。
リダイレクトってなんだ?と思い検索してみると『.htaccessの編集すればOK』みたいな感じで軽く書いてる。。。
そこが謎なんです!
サクッとソースをいじったりできません。。。
ということでさらに探すと、とっても簡単な方法がありました!
今回はさくらインターネットサーバーを利用していてワードプレスを用いている場合に有効です。
その方法は『さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン』というプラグインで All ok!
なんと便利な!

これを元のhttpのワードプレス管理画面からインストールし、有効化します。
そして設定画面の『SAKURA RS SSL』から画面の説明に沿ってやっていけばOK!
無事、HP全体のhttp→httpsへの変更ができてしまうのでした。
こちらについては下記のさくらサポートページを参考にしてください。
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000047641

 

―ここからはhttpsの管理画面のお話です―

これで一般的には終了ですが、最後に私の悩みポイント③
サイトのページによって、鍵のマークが出ない。。。
URLにはhttpsになっていますが、保護されていない状況になるページがありました。
この原因なのですが、画像やリンクがhttpのままになっているものがあったんです。
なぜこうなってしまったのかわかりませんが、とりあえず鍵の出ないページのリンク設定をhttp→httpsに直接入力すると直りました。
画像はいったん削除して、再度メディアにアップロードしてから貼り付けると画像も問題なくなります。

やってみたけどアドレスの左側が○にiのマークのままの方はこちらの方法も試してみてください。
全ての手直しをすると緑の鍵のマークが出るはずです。
こういう状態を混在コンテンツとかMixed Contentとかいうらしいです。
そのあたりはちょっと難しくて詳しく書けないのですが問題が解決しない場合はこちらのキーワードで検索してみてください。
もちろんさくらインターネットサーバーにもヘルプデスクがあるのでそちらでも!

それでは番外編でした!

Follow me!